マンションを貸すメリットは?

株をやるよりも不動産

安定した収入が欲しいなら株をやるよりも不動産

と言うのは、先に挙げた株式の場合、確かに下落の危険性は持ってはいるが、その反面、大きな収益を得る場合もあり得るからです。
例を挙げれば、テクノロジーの進化は、もしかしたら情報技術分野の株価を押し上げるかもしれませんし、医学的な発見は、製薬会社の株価を更なる高値に持って行くことでしょう。
テクノロジーの進化や、大きな発見は、それが巨万の富に化けることがあり得る。
それが株式などの投資に付随する「うまみ」でもあるのです。
残念ながら、これほどの「うまみ」はマンションの収入で得られるのは、「本当にわずか」、としか言えません。
それでは、株式などへの投資と不動産の収入、どちらを薦めるか?と聞かれたら、私は迷わず「不動産を貸した方がいいと思います」と答えるでしょう。
それは確かに「ローリスク・ローリターン」ではあるかと思いますが、暴落におびえつつ株式を運用するよりは、はるかに安定しているからです。
そうです。
「安定している」からです。
いかがでしょうか?私なりではありますが、少しばかり私の考えを披露させていただきました。
読者の方が、もしもマンションを既に所有していて、それを元に収益を得たい、と考えていらっしゃるならば、危険を無視して資金を株などに投資するよりも、安定した収益を得るために、マンションを貸して得られる収益の方が、よほど魅力的だと言うのが私の結論です。
どうぞ御一考くださいますように。
恐らくこの考え方に賛同してくれるものと、私は信じています。

マンション 貸すなら / 分譲マンション賃貸の特徴