マンションを貸すメリットは?

安定した収入が欲しいなら

マンション貸すメリットは何があるか?なんといっても、それは「安定した収入」に尽きるかと思います。
さて、マンションなどの不動産の家賃収入は、どれくらい安定した収入なのかについて考えてみたいと思います。
ここでひとつ、「投資」という観点から考えることとして、「株」と比較してみたいと思います。
ご存じのとおり、株への投資は、相場が安定している時には、確かに成長的で魅力的な収入源になると思われますが、政治的な「何か」の要素、例えばそれは、どこかの国のトップの発言、戦争、国境の移動など、それらの事件に対して非常にデリケートに反応するため、「確実に安定している」とまでは、言いにくいのが現状です。
「安定」の中に含まれる「確実性」と言う点において疑問が残るのです。
一方で不動産による収入はと言うと、それは確かに上昇も下落もあるでしょうが、株式ほどの乱高下は考えにくく、その「安定性」が、株式を筆頭とする、他の投資よりも上回る、と言えることでしょう。
さて、不動産の収益の安定性について、もう少し考えてみることにしましょう。
不動産を貸したことのある人ならばご存じと思いますが、不動産は「物件の条件」によって、価値のかなりの部分が決まってしまうため、少々のアクシデントでは価値下落が起こりにくいと言えるでしょう。
ここでの「条件」とは、「駅から徒歩何分か?」とか、「南向きか?」とか、「何階建てか?」などの、不動産情報雑誌などに出ている、「一般的な条件」です。
そこで少し別の角度から考えてみましょう。
不動産の価値を下げる要因になるのは何でしょうか?地震などの天災以外に何が考えられるでしょうか?もしかすると、最寄り駅の大幅な縮小、移動などが要因として挙げられるかもしれませんが、「街」が「街」として機能している間は、まずそういった下落の心配の必要は無いかと、私は判断します。
ところで、それではマンションを貸すことによる収益は、本当に「良いことだらけ」なのか? と言うと、どうやらメリットばかりではないと言わざるを得ません。
その大きな要因のひとつとして考えられるのは、「ハイリターンを得るチャンスが少ない」という点かも知れません。

安定した収入が欲しいなら株をやるよりも不動産